アルカリ電解水ってどうやって作るの?

水に炭酸カリウム(食品添加物指定品)を加え、電気分解すると強アルカリ電解水ができます。

有害な化学物質ゼロですので、環境にも体にもやさしく、安心してお使いいただけます。​

アルカリ電解水の作り方のコピー.png

どうして汚れが落ちるの?

酸性での電気を帯びた油汚れに、

強いアルカリ性での電気を帯びた

アルカリ電解水をスプレーすると…

渋谷クリーン (2).png

の油汚れに、のアルカリ電解水が付着し浸透します。

同士が反発し、対象物から剥離。

油汚れは乳化するので、簡単に拭き取ったり洗い流しやすくなります。​

渋谷クリーン (5).png
渋谷クリーン (6).png

どんな効果があるの?

洗浄・除菌・消臭に効果があります。 

得意とする汚れは酸性の汚れです。酸性の汚れとは油・皮脂・湯垢などの主にベタベタとしている汚れです。アルカリ性が酸性の汚れに浸透して洗浄します。

pH12.5を超えるとタンパク質を分解する働きがありますので、ニオイの元となる微生物や細菌を分解し、消臭効果が出ます。

pHって何?

pHとは水溶液の性質を表す値です。pH値が低いと酸性で、高いとアルカリ性になります。

​pH12を超えると除菌効果があるとされています。当社で販売しているのはpH12.5とpH13.1ですので、洗浄効果だけなく除菌効果にも有効と言えます。

pH12.5とpH13.1の違いは

アルカリ電解水はpH値が高いほど洗浄力が上がりますが、皮膚などへの刺激が強くなります。水で希釈して使用すると洗浄力は落ちますが、より安全にお使いいただけるようになります。pH13.1のアルカリ電解水を水で約5倍に薄めるとpH12.5のアルカリ電解水となります。用途によって以下のように使い分けてください。

 pH12.5・・・軽い日常のお掃除

 pH13.1・・・頑固な油汚れなどの強い汚れ​

使えないものは?

精密機械のような水が使えないものや、革製品、白木、シルクなどの水拭きできないもの、アルミ製品、貴金属、宝石類、コーティング製品などにはお使いいただけません。

安全なの?

界面活性剤やアルコールは入っていません。

お掃除に使っても成分は残りませんので、食べ物を扱う場所でも安全にお使いいただけます。